肌に優しいミネラルファンデーションはランキングで選ぶ

女の人

化粧品で人気がある成分

婦人

老化すると酸化し易くなる

人間は年齢を重ねると、身体の内部の働きが変化します。体内の変化が進行していく事によって、外見が年老いていくのです。そして人間が年老いてしまう原因の一つに、酸化と呼ばれる現象があります。紫外線に含まれている酸化の原因の物質を吸収する事で、次第に外見が変化していきます。若い年代は抗酸化作用が働くので老化の進行は緩やかです。ですが抗酸化作用の働きは加齢によって減退していきます。その若年層と同じレベルの抗酸化作用を実現するには、体外から取り入れる工夫をするしかありません。具体的には抗酸化作用のある栄養を、積極的に摂取するのが効果的です。そしてビタミンc誘導体を含んだ化粧品を活用すれば、美容の向上に貢献します。

安定性が改善されている

ビタミンc誘導体を含んだ化粧品は、1980年代から活躍しています。ビタミンcに抗酸化作用がある事は古くから知られていましたが、不安定な物質という問題がありました。化粧品にビタミンcを混入しても、成分が直ぐに壊れるせいで使いものにならなかったのです。だからビタミンcに手を加えたビタミンc誘導体が登場しています。ビタミンc誘導体は科学的に生み出された成分なので、様々な活用方法が想定されています。液状の化粧品に利用される場合には水溶性の性質です。油状のクリームタイプの化粧品では、油溶性のビタミンc誘導体が使われています。それに加えて水溶性と油溶性を併せ持つビタミンc誘導体も存在しているのです。ビタミンc誘導体の用途が増えた事で、成分の種類が豊富な特徴を備えています。